短小ペニスの4つの原因

ペニスが小さい理由とは?

ペニスが小さい理由とは?

短小ペニスの原因は人によって違ってきます。

原因としては『加齢』、『食生活の乱れ』、『肥満体型』、『煙草(たばこ)の吸い過ぎ』など様々な理由があります。

この4つが短小ペニスの主な原因とされていますが、何故これらが短小ペニスの原因になっているのかについて説明していきたいと思います。

加齢

加齢によって肉体が衰えていくのと同様に男性器も衰退していきます。

肉体が衰えることによって血流が悪くなり男性器に送り込める血液の量が減ってしまったりします。

また勃起組織の筋肉細胞も加齢により衰退していくことも原因になります。

加齢は止めることが出来ませんが、栄養サプリメントや筋トレなどで、予防を行うことは可能となります。

食生活の乱れ

食生活の乱れ

食生活の乱れは短小ペニスの原因になります。

大切なのが良質なタンパク質となっています。

タンパク質は筋肉をつける為に必要な物質ですが、短小ペニスの改善にも必要になってきます。

タンパク質だけでなく栄養バランスも重要で、朝昼晩の3食とも栄養バランスを考えて摂取することで、体の血液の循環を良くすることで、ペニスサイズの減退を予防することが出来ます。

肥満体型

肥満体型

肥満体型の人はペニスが小さいとされています。

お腹が脂肪が前に出ていく分ペニスの根元の脂肪も前に出ることで1cm~5cmとペニスが小さく見えてしまいます。

本来通常体型であれば、その脂肪に埋もれた1㎝~5㎝分だけペニスのサイズが大きくなります。

肥満体型を改善するためにも、食生活の改善や運動などのダイエット方法を実践することで改善を行うことが出来ます。

煙草(たばこ)の吸い過ぎ

煙草(たばこ)の吸い過ぎ

煙草(たばこ)の吸い過ぎは『肺がん』や『心臓病』などの病気を引き起こすとされていますが、ペニスサイズにも関係してきます。

煙草には男性器の血管を傷つけてしまう有害物質が含まれているため、ED(勃起不全)になりやすくなってしまう事もあります。

男性器の血管が傷つくことで、陰茎内部に送り込める血液にも差が出てきてしまい、ペニスが小さくなってしまうなんてこともあります。

また海外にある大学の研究では喫煙者と非喫煙者の男性器のサイズを比較した際に、『喫煙者の男性器のサイズが小さい』と判明しています。

ヘビースモーカーの方では、いきなり禁煙するのは難しいかと思いますので、喫煙本数を減らしていったり、電子タバコなどに変えていくことで、短小ペニスの改善を行うことが出来ます。

コメント